ハーバリウムとは

2018/01/25
ハーバリウム

■ハーバリウムとは

 

ハーバリウムとは、そもそもは植物標本と言う意味です。

乾燥処理がされた植物をアルコールや防腐剤などに浸して保存されるのですが、昨今お花の業界ではこれにドライフラワーやプリザーブドフラワーを入れて保存するハーバリウムと言うものが出来、瓶などに保存されるそのハーバリウムのお花のキラキラ感、色彩などから「おしゃれなインテリア」として急激に流行っております。

「インスタ映え」としても注目されており、2018年1月現在ハーバリウムとインスタグラムにて検索すると23万件もの投稿がされている、まさに今大流行のフラワーアレンジメントとなっております。

 

■ハーバリウムの作り方

 

まず用意するものとして

[材料]

・蓋がついている瓶などの容器

・中に入れたいプリザーブドフラワーなどのお花

・保存用液体 (バリウム液)

[道具]

・ハサミ

・長めのピンセット

・注ぎ口のある容器

になります。

お花、バリウム液に関しましてはしっかりとしたお花、バリウム液を扱う店舗に足を運び購入する事を推奨しております。お花は実際に見て瓶に入るか、ハーバリウムで使用可能かお店の方に聞き選びましょう。バリウム液に関しましてはネットなどで作成方法などが掲載されておりますが、変色やカビ、お花が浮いてくる、などと言うことが起きるのでしっかりとしたバリウム液を使用しましょう。

・バリウム液、お花を入れて行きます。

順序はどちらでも良いのですが、やりやすい方で作りましょう。

後からお花を入れた方が細かい調整はきくので個人的には後からの方が良いと思います。かすみ草を使うか薔薇を使うかなどやりやすいやりにくい有りますのでやりやすい方で作りましょう。

最後にしっかりと蓋をして完成です。

 

■料金など

 

ハーバリウムは市販で一本2,000円〜3,000円前後で販売されております。

最近はデパートなど、ネット通販などで沢山の種類が売られておりますので是非一度ご覧になってください。

 

■レッスンなど

 

最近ではハーバリウムのレッスンも増えています。3,000円前後が相場でフラワーアレンジメントフラワーアレンジメント教室などでの開催が御座います。

 

■飾り方のコツ・保管方法など

 

雑貨屋さんなどで販売されている電池で光る台などの上に置いて飾ると綺麗です。湿気等は気しなくても構いませんが、直射日光に関しましてはバリウム液の変色が起こりますので当てないで下さい。

 

■最後に

 

ハーバリウムの魅力は伝わりましたでしょうか。

2017年の流行語大賞「インスタ映え」にぴったりなハーバリウムの世界に一歩踏み出して見てはいかがでしょうか。

当HPでは他にもフラワーアレンジメントの紹介やその他お花に関する様々な語句の紹介などしておりますのでご興味がお有りの方は是非ご覧下さい。